3つの売却法「仲介」「買取り」「任意売却」

不動産の売却方法は大きく分けて「仲介」「買取り」「任意売却」と3つあります。
【仲介】は、一般的によく知られている方法だと思います。売主様が、特定の不動産業者に媒介契約を行い、不動産業者が買主を見つけ、仲介を行うというものです。
【買取】は、売主様が直接不動産業者に、家を売却する方法です。
メリットとしては、現金化が早く行えること、買主様が訪問されるといった手間がないということです。
【任意売却】は、住宅ローンなどの支払いが困難になった時、債務者(所有者)と債権者の間に仲介者が入り、不動産を競売にかけることなく双方が納得のいく価格で、売却を成立させることを言います。

仲介での売却

仲介の契約には、3つ種類があり、それぞれ一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。

一般媒介契約は、不動産業者を定めず、複数の不動産業者に仲介を依頼できるものです。
専任媒介や専属専任媒介は、1社の不動産業者にご依頼いただくものです。
一般媒介と違い、期間を定めて販売状況の報告義務が不動産業者から売主様に対してあります。
一般媒介は、複数の不動産業者の取りまとめを売主様に行って頂く必要があったりと、手間がかかります。
それに対して、専任や専属専任では、売主様の手間が少ないものになっています。
不動産業者としても、専任媒介契約や専属専任媒介契約を売主様との間で締結するということは、信頼を受けて任されたということになりますので、良い報告ができるよう全力を尽くします。

買取りでの売却

不動産買取とは、不動産売却の方法のひとつで不動産買取会社が売主から直接、土地や建物を買取るものです。一般的な売却方法である仲介は、売主と買主が物件そのものや価格など様々な条件がマッチングして初めて売買が成立しますが、不動産買取の場合、買取業者の提示価格に売主が合意すれば即、売買が成立します。そのため、相続などで売却期限が決まっている方、すぐに現金化したい方に向いている売却方法です。

ただし、すぐに現金化できる分、仲介より売却価格が安くなる傾向にあります。
また、土地買取りや不動産買取は、仲介ではないので仲介手数料(例:物件価格の3%+6万円程度)は必要ありません。一般的に、業者が買い取った不動産はリフォーム等を施して転売されます。

任意売却

債務者(借主)が住宅ローン・借入金等の支払いが困難になった場合、債権者(金融機関など)が担保不動産を差押え、 不動産競売の申立てをします。その不動産を競売で売却するのではなく、不動産所有者と各債権者の合意のもと、競売よりも有利な条件で売却することを言います。 その際、競売の開札期日の前日迄に競売を取下げ、任意売却することが出来ます。 弊社が不動産所有者と各債権者の間に入り、所有者・各債権者・買主の納得のいく価格での売却を成立させます。

Copyright(c) 2015 alivehouse. All Rights Reserved.